越前打刃物の製造工程

包丁(菜切りの場合)の製造工程

1.鋼づくりと地鉄つくり

鋼を800℃に加熱し、所定の大きさに鍛造

2.割り込みと沸かし付け

地鉄を割り、溝を入れて鋼を入れ込み、鋼と地鉄を鍛接

3.先付けと切り落とし

包丁の平らな部分を形づくり、一丁分に切り落とす

4.中子取り

柄の中に入る部分を鍛造

5.二枚広げ

2枚重ねて所定の大きさに打ち延ばす

6.なまし

約800℃に加熱後、空気中で自然放冷

7.泥おとしと荒ならし

付着物を取り除き、バルトハンマーで表面をなめらかにする

8.仕上げならし

軽く槌で打ち、真っ直ぐに延ばし整える

9.裁ち廻し

所定の形に合わせ余分なところを切断

10.焼入れ

泥を塗り800℃に加熱後、すばやく水で急冷し、焼きを入れる

11.焼戻し

鋼にねばりを持たせるため、150~220℃で約30分熱し、室温で徐々に冷やす

12.荒研ぎと中研ぎ

荒目の砥石でおおまかな形をつくり、細目の砥石で刃先を横方向に鋭利に研ぐ

13.刀付け

刃の部分を丹念に研ぐ

14.仕上げ研ぎ

つやが出るまで磨き、ぼかし機で研ぎ幅の部分をぼかし、小刃合わせをして完成

鎌の製造工程

1.鋼づくりと地鉄づくり

作る品物によって、巾・厚み・長さを作る

2.鋼着け

地鉄と鋼を鍛接した後、鋼の片隅から菱形につぶす

3.切り落とし

粗方の寸法に延ばして切る

4.中子取り

柄の中に入る部分を鍛造

5.元延ばし・先延ばし

品物を二度に分けて延ばす

6.整形・樋造り

加熱して、凸凹を小槌で整え、樋を切る

7.黒打ち

研磨する部分を叩き、平らにする

8.小刃研ぎ・裏研ぎ・表研ぎ・表裏磨き

スケールを取り、ムラなく研磨する

9.泥塗り・焼入れ

砥石の粉(泥)を塗って乾燥し、約780~800℃(材質によって異なる)に加熱後、水または油で急冷する

10.焼戻し

鋼にねばりを持たせるため、120~180℃に加熱する
(温度は、鋼の種類、鎌の用途によって異なる)

11.荒研ぎ

歪み取り、パフ研磨、刃付け(刃を研ぐ)

12.仕上げ(せんずき)

表面の余分な軟鉄を銑(せん)で削り取り、刃元を薄くする
※銑・・・・・・鎌と同じ材質でできた鋼を削る道具